2012年9月

窓のむこうには!-3-

何だか…一気に秋に突入したような感じですが、皆様お体の方は大丈夫でしょうか?
この間、友達から野菜の差し入れを頂きましたぁ!!
夏の暑い日差しをいっぱい受けた夏野菜を味わうのはこれが最後かなぁ…。
「暑さ、寒さもお彼岸までー…」とは言いますが、急に気温が変わるとビックリしますね! 朝、目が覚めたらタオルケットをグルッと巻きつけてミノムシ状態になっていました。
今までは、窓全開で寝ていたのですが…最近は自分の寝ている側半分は閉めて寝ています。
―…窓の開け具合でも、季節の移り変わりを感じますねぇ…(アレ?わたしだけでしょうか?)

 

win3-vegi.gif
 win3-hikari.jpg

風通しを求めていたのから、だんだん太陽の暖かさを部屋へ―…となってゆきますねぇ
健康的な生活を送るために、居室は”建築基準法”で「採光基準」というものが定められているそうです!(こちらも、今回調べて知りましたぁ)
簡単に言いますと、窓の開口部面積がその部屋の床面積の1/7以上ないといけないそうです!?
このような基準も考慮しつつ…南側の窓から入る直射日光・北側の窓から入る反射光の性質も考えて、窓の取り方を考えると快適な”MY HOUSE” が出来上がってゆきそうですねぇ!


ではでは…シリーズでお伝えしております”代表的な現代の窓の9タイプ”の最後の3個をラインナップします。
今回はどんな窓が登場するのでしょうか…?

季節によって太陽の光は変わるので、
太陽の動きを知っていると暮しの中で太陽の光を
うまくコントロールすることができちゃいます。

 

win3-ruba.jpg

♦ ルーバー窓

別名:ガラリ窓とも呼ばれます。
ブラインドの様に組み合わせたガラス板を、窓枠に取り付けたレバーで操作するタイプが大多数になります。
外からの視線をコントロールしながら通気するためのもで、浴室や階段に取付けられることの多いタイプになります

win3-uchitaoshi.jpg

♦ 内倒し窓

窓の下部を蝶番などで窓枠と連結し、窓の上部を内側に倒して開けるタイプ。
トイレや浴室など換気が必要な個所に取り付けられることが多いです。
内開きなので、隣り合う建物との間隔が狭い場所にも取り付けることが可能になります!

win3-suberidashi.gif

♦ 滑りだし窓

”横滑り方式”と”縦滑り方式”があります。
左の写真は”横滑り方式”で窓を室外側に滑り出して開けるものになります。
窓のガラス面が斜め上に向かうもので庇の役割を果たし、雨が室内に吹き込むのを防ぎながら、室内への通風を確保する事ができます。

皆様、「代表的な現代の窓の9タイプ」―すべて知っていたでしょうか?
次回が”窓”シリーズ最終回!? (えっ、まだあるん?と思った方いますよね)
今、話題のおしゃれな窓や機能的な窓をまとめてお伝えします。

ではでは、気温の変化が大きいのでお体に気を付けてくださいませ・・・。
そして、「中秋の名月」を楽しめる事を祈りつつ……
またお会いできることを楽しみに―…。

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ1日1クリックご協力お願いします。
にほんブログ村

窓の向こうには!-2-

天気の不安定な日が続いておりますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?
少しづつ”秋”を感じる様になってきたでしょうか?
この間、朝-窓を開けたら…「おぉぉぉ!虹の断片が…!」少しだけど嬉しくて写真を撮りましたぁ。
なんだかウキウキしつつ仕事へ。
そしたら、この日の午後…ビックリする出来事が…!?

仕事仲間が外に出て、すぐ戻ってきて「すげぇ~、虹が出てるよぉ!!」外に出て見上げると…!? 
きれいな半円の虹!「すごい、すごい!!!」を連呼してました。さらに、よ~く見ると…「うわぁぁぁ!ダブルだよぉ!もう一個虹があるぅぅぅ!!」 
大人、3人大興奮!! 子供になってました。
 皆さんは、観れました? 

さぁて、今年の夏も”節電”に協力してエアコンの温度を調整したり、使用を控えたりとエアコンに頼らない生活を心がけた方も多いと思います。 …そうなると重要なのは、何と言っても家の中に風を通す”窓”の通風機能!
 

ダブルの虹
風の通り道 昔から日本の家は、「夏を旨として建てるべし!」との言葉があるそうです。-皆さん知ってました?(わたしは、今回調べてて知りましたぁ) ―「夏の暑さは家の造りを考えないと住めない家になってしまう!」 という事だそうです。それで家は、深い軒と東西南北に効果的に配置された開口部が設けられていたそうです。

眺めるだけでなく”窓”には重要な役割がたくさんあるんですねぇ。
では、先回に引き続き「代表的な現代の窓の9タイプ」から続きの3タイプの窓をご紹介。

 

折りたたみ窓

♦ 折りたたみ窓

窓を全開にしたい場合に用いる形。デッキテラスに面した”掃出し窓”に用いられる事の多いタイプだそうです。 窓全体が大きく開きサッシの存在感が少なくなるので、解放感は抜群! 
ただし、折戸構造になっていますので、網戸がつけにくいことがデメリットに。

 

上げ下げ窓

♦ 上げ下げ窓

気密性が高く、寒冷地に適した形。ガラスを上下に動かして開閉するため、地窓や高窓には不向き。
上下の窓のうち、下側のものが可動するタイプを”シングルハング”
両方動くものが”ダブルハング”
上下が連動して動くものを”バランス上下窓”と呼びます。

 

回転窓

♦ 回転窓

ノルウェーが発祥の窓枠を中心を軸に180度回転する窓の事。
垂直軸で、ガラス戸を左右に動かすタイプ と 水平軸で、ガラスを上下に動かすタイプがあります。
気密性を要求される場所に、向いた窓枠になります。 また、ガラス掃除が簡単なのもメリット!

風の通り道を、考えつつ・・・また、お目にかかる時まで・・・・。

 

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ1日1クリックご協力お願いします。
にほんブログ村

窓の向こうには!

まだまだ暑さの続く日々…皆様いかがお過ごしでしょう?
秋の気配を感じつつも、日中の気温は毎日”平年を上回る”日々―…

そんな暑い日の休日、フッと窓から下を見ると…「!?]
見てしまいました!! 居たんです!!! 驚きです!!!!
その実態は……右の写真です!?

あれ? イモムシに見えませんか?(逆さイモムシ!?) 私にだけ見えてる?
皆様―見えないでしょうかねぇ~…

暑い部屋からこんな感じに外を眺めつつおりまして、ちょっと”窓”について考えてみちゃいまして…
この場をお借りしまして、家の”窓”についてシリーズ(!?)でお伝えしたいと思います。

buro-warm.jpg

 

我社のメイン、外構工事には関係がないのですが―我が家の”窓”はこんなに楽しいものを見せてくれるので、ちょっと調べちゃいましたのでお付き合いください。
では、まず”窓”の種類についてですが…皆様は”窓”と聞いて、どんな”窓”を思い浮かべますか?
”窓”と一口に言っても、その種類は色々ありますのできっと皆様それぞれ違う”窓”を思い浮かべていることと思います。
”窓”の形によっても機能が異なっていて、取付ける場所にもそれぞれ向き不向きがあるそうです!

このシリーズでは、代表的な窓の9のタイプをご紹介します。
では、”窓”シリーズ 1回目の今回は、3つのタイプをお知らせします。

buro-window-hiki.jpg

引き違い窓

一番、普通に見られるタイプの窓になりますね。
ちなみに、上の不思議なものを見せてくれた我が家の窓はこちらのタイプの窓になります。(あっ、だれも我が家の窓には関心ないですね…)
こちらの窓は最低2枚の窓で構成され、左右に引いて開閉するものです。
窓の高さは、掃出し窓・腰高窓・高窓が一般的で目的により異なります。
全開した場合にも最低1枚分の窓が建具の中にとどまるため、開き窓などに比べると解放感は少ない!

buro-window-fix.jpg

FIX窓

「?」と思ったのは、私だけではないはず…と思いたい。
こちら、別名は「はめ殺し窓」!?
ガラスが固定され、開閉できない窓のことです。それゆえ通風の機能はなし!でも光を取り入れたり、窓外の景色を切り取って楽しむ事ができます。
取付ける位置を気を付ければ十分楽しめます。

buro-window-soto.jpg

外開き窓

窓枠の左右どちらかに取り付けられた蝶番によってガラスが外側にスイングするように開きます。
窓の面積すべてが開口部になるため、通風・採光・眺望と3拍子が揃った窓。網戸も内側に取り付けられます!
窓の大きさによっては、隣地境界に注意が必要なので選ぶときはご注意を!

ふぅ~…入力が遅いので、もうエネルギーが…。
まだ、色々ありますのでお楽しみに(?)しててください。知らない”窓”が出てくるかも……!

”窓”シリーズ・Pert2 でまたお目にかかれると嬉しく思います。
わたしも色々学んでまいります―…。

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ1日1クリックご協力お願いします。
にほんブログ村

発見がいっぱい!?

何だか…空や朝・夕の風が、少し"秋"という気配を漂わせて来ている様に感じるのは私だけでしょうか?
皆様はいかがでしょうか?―…日中が過ごしやすくなるのはまだのようですが…。

この間、土曜日会社を出て ”乗りたい電車に間にあうかー…”と焦りつつ、駅まで汗をかきかき急いでました。
それなのに、信号に引っかかってしまい…しかもそこは変形五差路!?なので待ち時間が少し長い!

あ"~…もうダメかぁ~…と、フッと空を見上げたら―…!? 薄くもカラフルな色が目に飛び込んできました!!

虹が出ていたんです!?  久しぶりに見た虹にもう嬉しくて、周りの人達に 「みんな空を見て~!虹だよぉ~!!」  て叫びたかったぐらい…。(できませんでしたけど…)

―…そういば、虹って「7色」とわたしは教わった気がするのですが、 国によっては「5色」、「6色」だったり[12色」という国もあるそうですね。
自分ではこれが "常" と思っていても違う見方や知らない事が色々ありますね…。

外構工事に関しても、「これは無理だろう―…」「ココは…」っと知らずと色々な自分の理解の範囲内で考えていたりする事はないでしょうか?

blog-reinbow.gif

さて、私がお勧めしたいのは外構・エクステリアの ”ウインドウショッピング” (?)
場所は "LIXIL エクステリア ショールーム" へ!!

この会社に入ったとき、何も解らなかったので先輩が「研修」という名のもとに連れて行ってくれたんです。
実際に商品などを触ったり出来ますので、 例えばー門扉などは開閉してみてその感触や軽さなど体験できますし、
仕上がりをイメージした展示もあり、驚きや発見がいっぱぁぁぁぁぁいあります!! イメージも膨らみます!
疲れたらくつろげるスペースやお茶もあります!色々質問もできちゃいます!
自分の考えていた事が、色々塗り変えられたり、プラスされたりしました。
是非、色々発見してきてください。
(下記にリンクが貼ってありますので、それぞれのショールームのホームページをご覧ください。)

そして、たくさんの発見や膨らんだイメージの実現のパートナーとして、私たち”鵬プランニング”を選んでいただけますとさらに嬉しいです。
 

―…さて、汗まみれのわたしはやっと駅へ。
見納めにと空を見上げると…もう虹は消えていました……そして乗りたかった電車も………。

ではでは、またお目にかかれる時まで…。

blog-reinbow-lixil-chiba.jpg blog-reinbow-tokyo.jpg
LIXIL 千葉エクステリアショールーム
エクステリア商品を展示しています。
広くはないですが、商品は色々揃ってます。 

LIXIL 東京エクステリアショールーム
関東圏で一番広いショールームになります。
ちょっと遠いですが見応えは十分に!

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ1日1クリックご協力お願いします。
にほんブログ村

1

CONTENTS

  • faebook/twitter
  • デザイナー紹介
  • 職人さん紹介
  • 鵬プランニングブログ
  • スタッフ募集
  • 取引先一覧