ホーム>鵬プランニングブログ>4月植え付け野菜~トマト~
鵬プランニングブログ

4月植え付け野菜~トマト~

4月の植え付け野菜は・・・
ミニトマトです!
ミニトマトは4月上旬~6月下旬で収穫時期は5月中旬~9月上旬までです。
ミニトマト
トマトTOP.jpg
ビタミンCとカロテンも豊富に含みサラダから
いろいろな調理に使える人気の野菜です。
栽培もしやすいため、家庭菜園初心者さんには
オススメの野菜です♪
今回は苗からの育て方です。
tomato.jpg
トマトの育て方
STEP1.準備
深さ30cm以上なら鉢でもプランターでもOK!苗、底石、培養土、トマト専用肥料、支柱:高さ1,5m以上のものと結束ひもを用意します。底石を敷き詰めたプランターに培養土を入れ表面を軽くならしておきます。
STEP2.植え付け
植えつけは第1花開花ごろを基本とし、極端な若苗では植えつけないようにします。時期は4月下旬から5月下旬までに植えつけましょう。
ポイント・トマトの花房は同一方向に着生するので、通路に花房が向くように!
     ・マルチや敷きワラは土壌の乾燥防止と雑草対策に効果がアリ。
STEP3.支柱立て
根を崩さず傷めないように苗を植えつけ、水を与え、そして苗が風で倒れないように仮の支柱を立てます。定植して2~3週間、丈が伸びて株がしっかりしてきたら、仮の支柱を取り除き、本支柱を立てます。
STEP4.わき芽かき
栄養分を実に行き届かせる為に、各節から出てくる脇芽は早めに手でかきとり、主枝だけを1本伸ばすように管理します。
STEP5.追肥
1番花が500円玉ほどに大きくなった頃、最初の追肥として良い肥料を少量施します。その後、月に2回同じように施します。
STEP6.摘心
トマトは下の方から花房実がつきます。
5番目位まで花房がついたら、その上の葉を1~2枚残して茎の頂上、芯をカットします。
STEP7.収穫
開花してから40~50日くらいで実が赤く色づき、収穫時です!
病気害虫
ミニトマトに多い病気は立枯病やうどんこ病、褐斑病があります。これらの病気の原因は連作ですので連作は避けましょう。
害虫は、アブラムシ類、ハモグリバエ類が発生します。薬剤で防除できます。
   
水やりは、植えつけ時に株元へたっぷり与えますが、活着後は控えたほうがおいしいトマトができます!
トマト料理.jpg
 
 
メールフォーム

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hoh-planning.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/135

CONTENTS

  • faebook/twitter
  • デザイナー紹介
  • 職人さん紹介
  • 鵬プランニングブログ
  • スタッフ募集
  • 取引先一覧