ホーム>エクステリア・外構のデザイン例>外構デザイン例|ウエストアメリカンらしさが際立つデザイン|No:016
エクステリア・外構のデザイン例

外構デザイン例|ウエストアメリカンらしさが際立つデザイン|No:016

※画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

外構 デザイン016-01
アメリカンテイストが漂う、「木調」にこだわったエクステリアデザインです。
外構 デザイン016-02
 
外構 デザイン016-03
アメリカンな雰囲気のエクステリアデザインで忘れてはいけない植栽は、ココスヤシとアレカヤシのコンビです。
ヤシの木があるのと無いのとでは空間の雰囲気そのものが異なっていたのではないでしょうか。
 
外構 デザイン016-04
 
外構 デザイン016-05
 
外構 デザイン016-06
ゲートの天井部分に照明が搭載されておりますので、夜は夜のアメリカンな風合いを演出。
これによって、ウエストアメリカンらしさが際立っているかと思います。

デザインのポイント

アメリカ西部の街並みを連想させる建物ですが、最近日本でもこの「アメリカンスタイル」の住居をよく見かけますよね。
そこで、「アメリカンスタイル」の建物に合わせて考えたエクステリアのイメージデザインです。
Woodieなイメージがあり、「木調」のアイテムを積極的に取り入れて、アメリカのカントリー調を意識しております。


ポスト・表札・インターホンなどを設置する門袖は、敢えてブロックを使用せず枕木を採用。本物の木の材質ですと、腐食・劣化・害虫などの弊害が考えられますので、「T.Yスリーパークラフト」というコンクリート製の枕木をチョイスしました。
ンクリート製といっても固いイメージはなく、木目のデザインや凹凸感は木調そのままですし、アンティークな印象を与えてくれます。
アメリカンフェンスも同様に、アルミ形材の材質のものをセレクト。
アルミ形材のものだと既存色が大体ホワイトしかないのですが、ホワイトではやや洋風寄りに傾いてしまうため木の色に近いカラーリングで配色しております。

アプローチ部分ですが、スタイルゲートから玄関ポーチまでレンガをアール状に敷き弧を描きました。レンガを小端立てで設計した理由として、ゲートからの視線で、より美しく立体的に見せるために、あえて高さを変えて設置しました。

配置や配色・素材にひと手間かけて、カントリー調のウエストアメリカンが表現されたエクステリアデザイン。
しっかりと外部からの視線をカットし目隠しされたクローズ外構の空間でのプライベートガーデンも魅力ですが、建物のレイアウト次第ではこんなムードを感じるエクステリアデザインもまた魅力を感じさせてくれます。
 

製品情報

外構・エクステリアのデザインに使用した製品  
枕木材: T.Yスリーパーラフト
スタイルゲート:
NERO
フェンス: ロイヤルフェンス クラウンポイント
レンガ: ショコラ・ペイバー カカオ
レンガ: ロイヤルパイン・ブリック パインアルザン
表札: ニューブラスアイアン
照明: シンプルLEDウォールライト22型 
ポスト: エクスポスト プレイン
植栽: ココスヤシ 3.0M
植栽: アレカヤシ 1.5M
植栽: シマトネリコ 2.5M
   
   
 
                                                       

 

CONTENTS

  • faebook/twitter
  • デザイナー紹介
  • 職人さん紹介
  • 鵬プランニングブログ
  • スタッフ募集
  • 取引先一覧