ホーム>エクステリア・外構のデザイン例>外構デザイン例|随所に工夫を凝らしたモダンデザイン|No:008
エクステリア・外構のデザイン例

外構デザイン例|随所に工夫を凝らしたモダンデザイン|No:008

※画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

外構 デザイン008-01
白と黒の建物に合わせて、エクステリアも建物に準じた調和ある外観を心掛けたエクステリアデザイン。
外構 デザイン008-02
化粧ブロックも2種類を使用して、単調な印象を与えないように心掛けた配置。
外構 デザイン008-03
奥にあるお庭の花壇ももちろん、白と黒のタイルでコーディネイトしています。
シンボルツリーのスペースは、ピンコロでタイルとの区切りを仕切った配置。
外構 デザイン008-04
 
外構 デザイン008-05
目隠しで植えてるコニファーですが、鮮やかなグリーンがプラスされることによって、外構全体が明るく華やかな印象になります。
シンボルツリーのシマトネリコには、植栽灯でライトアップ。
 

デザインのポイント

家の玄関ドアが道路に面していると、出入りする度にプライバシーが気になると思います。

そこで、今回は目隠しにもなるように、フェンスではなく敢えて化粧ブロックで高さを出して外からの視線を遮りました。
また化粧ブロックを高くすると、土圧の影響とデザイン的にも単調な見栄えになりかねない為、道路際から立ち上げたブロックとGLから立ち上げたブロックの二段構造をデザイン。
外観も意識して、2種類の化粧ブロックと建物に合わせ「白」になるポイントには外装壁タイルを配置して、この2つの不安要素を取り除いた設計に致しました。

ただブロックも道路沿いに直線で積むのではなく、あえてブロック1個分奥にワンポイントでも配置することによって、立体感を出しております。

2種類の化粧ブロックに加え、外装壁タイルを組み合わせている為、一見完全防備の様な圧倒されてしまいそうな印象を見る人に与えてしまい兼ねない為から、ガラスブロックを配置して「抜け」を生む考慮をして設計。
ブロックを低く積んだ内側には、コニファーを配置して目隠し効果と高さのある玄関前の壁と低い壁との高低差のバランスを調整いたしました。

アプローチ部分は、滑りにくい石風の白いタイルを敷き、所々に同商品の黒いタイルを敷いて、テーマである「白×黒」で色彩統一。

重厚感のあるモダンスタイルではありますが、様々な面で工夫を凝らしたエクステリアレイアウトでデザインしてみましたが、如何でしょうか。

 

製品情報

外構・エクステリアのデザインに使用した製品                
門扉:  プレスタ門扉3型
伸縮門扉: アルシャインHG
化粧ブロック: スマートC
化粧ブロック: スクエアC
ガラスブロック: ガラスブロック たまゆら
外装壁タイル: イチマツ
外装床タイル: サンタナ
照明: 植栽灯 LGQ-9型
ピンコロ: ブイグラニット・ピンコロ
フェンス: プレスタフェンス4型

 

CONTENTS

  • faebook/twitter
  • デザイナー紹介
  • 職人さん紹介
  • 鵬プランニングブログ
  • スタッフ募集
  • 取引先一覧