ホーム>エクステリア・外構の施工例>リフォーム施工例|『和』を基調としたリフォーム|No.011:千葉市稲毛区K様邸
エクステリア・外構の施工例

リフォーム施工例|『和』を基調としたリフォーム|No.011:千葉市稲毛区K様邸

※画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

千葉 外構リフォーム 011
既存のブロックを壊して型枠ブロックに積み直し、その上に栃木の大谷石を張り付け『和』を基調としたリフォーム。
千葉市 外構リフォーム011-02
植え直した植栽と竹垣、そして大谷石の組み合わせがより和を演出しております。
 
千葉市 外構リフォーム011-03
水抜きの部分も綺麗に施工されております。
千葉市 外構リフォーム011-04
竹垣は本物だと傷みも早いので、人工の竹垣を使用。

施工ポイント

リフォーム以前の大谷石塀が長年の歳月と地震の影響によって

傾き始めて、塀沿いを通行するなどの際に危ない状況にありました為、

今回のリフォームへと至りました。

リフォームのテーマは『和』。

そして安全性に準じたしっかりした『土留め』が第一として、今土留めとしては主流となりつつある型枠ブロックを使用。

また施工前から大谷石塀だったのですが昔ながらのものである為、石そのものの色合いで今回は型枠ブロックに軽い茶褐色の栃木の大谷石を張り付け、見るからに和を思わせるテイストに仕上がっております。

現場監督が3,4メートルはある松などの根の深い植栽の移植・植え直しなど型枠ブロックを施工する前の下準備に神経を尖らせたからこそ綺麗な出来栄えで安全性を確保されたリフォームとして完工致しました。

 

施工関連情報

施工エリア  :千葉県千葉市稲毛区

 

使用した製品  
型枠ブロック: CP400-21F [TOHO]
竹垣フェンス: あやめ垣 [タカショー]
   
   

 

CONTENTS

  • faebook/twitter
  • デザイナー紹介
  • 職人さん紹介
  • 鵬プランニングブログ
  • スタッフ募集
  • 取引先一覧