,

新築外構施工例|立体的で奥行きが感じられるクローズエクステリア|No.014:千葉県千葉市稲毛区M様邸

※画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

千葉市稲毛区 エクステリア014-01
千葉市 外構014-02 外壁の幅が広いため、平面的になりすぎないようにくぼみを3か所に設けることで、リズミカルで立体的な外壁に。
千葉市 外構014-03
千葉市 外構014-04 穴あきブロックと埋め込まれたガラスが、視線や太陽光を通します。
千葉市 外構014-05
 

施工ポイント

建物のスマートな外観を活かし、シンプルで落ち着きある門まわりを意識しながらも、その中に個性が感じられる外構となっています。 外壁には、ソリッドストーンと呼ばれるブロックを3種類使用するとともに、3か所のくぼみを設けることで、時に単調になりがちな外壁を表情豊かに仕上げてあります。 この他にも、穴の開いたブロックをポイントとして使用し、半透明のガラスを外壁に埋め込んでいます。 これによって、視線や太陽光が通り抜けて奥行きや立体感が生まれる効果や、クローズエクステリアでも圧迫感や閉鎖的な印象を与えにくい効果が期待できます。

施工関連情報

施工エリア : 千葉県千葉市稲毛区
使用した製品
門扉: ライフモダン
 
PAGE TOP