千葉県でガーデニングをする。

 

ガーデニング画像NO.1 ーデニング人口は2000年頃をブームのピークと比べると花の需要が低迷したり、リーマンショックによる不況などの煽りもあり、2007年~2009年は停滞しておりました。

かし近年、団塊の世代の定年が増え続け、余暇を楽しむ1つのコンテンツとしてガーデニングのブームが再燃し始めており、ガーデンエクステリアは2009年の経済市場は約429億円に対して昨年の経済市場は467億円と伸び率は104.7%と上向き傾向に御座いますので今年は「アベノミクス」効果によって更なる伸び率が期待出来ると予測されております。

ガーデニング画像NO.2 ガーデニング画像NO.3 ガーデニング画像NO.4 ガーデニング画像NO.5 ガーデニング画像NO.6

※画像をクリックすると拡大写真がご覧になられます。
 

外構屋のガーデニングが上手な秘訣とは

にガーデニングと言っても、その手段や見せ方は千差万別。
一時はガーデニングにハマってやってみたものの、毎回度々に亘って生えてくる雑草取りや三日坊主で所々の花が路面や敷地内に散らかっていて掃除もしていないものほど、見ていて酷いものはありません。
上のガーデニングの綺麗な写真は、一日一日の手間と丹精が込められているからこそ、見る者を引き寄せる魅力ある庭が出来上がるのです。
しかし、それでもガーデニングが上手くいかないという方の為に、外構屋さんが施工するガーデニングの秘訣をお教えいたしましょう。

 

ガーデニング画像NO.7 ーデニングは花と緑の配置が大きなポイントと言っても良いでしょう。
草花中心でガーデニングされた庭は、シンプルでガーデニング初心者には管理をしやすいのですが、平面ばかりでの演出でいまひとつ物足りなさが出てくると思います。
そういう時は、まず草花を配置する前に、高い樹木を植えるポイントから考えましょう。
高低差と奥行きが生まれて、立体的なガーデニングになることでしょう。

し新築のお宅でガーデニングをお考えの皆様の中で、新築施工時から既に樹木が植えられている敷地でありましたら、その樹木を切るのではなく、シンボルツリーとして樹木の周辺から庭いじりを行うといいでしょう。
 

たワンポイントのガーデニングをお考えの皆様でございましても、やはりまずは主役(中心を担うもの)をシンボルとして、『シンボルをどのように引き立たせようか』をテーマとして考えてみましょう。
皆様のお宅の庭まわりで主役となるものは何なのか!?
出来たら、主役となり得る樹木があることが最高ですが、人によってテーマというものは個性の数だけあります。
家族でガーデンバーベキューをお考えの方でありましたら、主役をバーベキューコンロと家族で囲む食卓でも良いのです。

ガーデニング画像NO.8   ガーデニング画像NO.9
こちらのガーデニングはエントランスの照明を主役としてガーデニングを演出しております。
こうなると夜のライトアップに照らされた花々がどのような顔を見せてくれるのか楽しみでもあるというものですし、第三者の見る目も引きますよね?
ガーデニングはどんな独創性のあるガーデンデザインであろうとも、自己満足ではやはり誰も関心を持ってくれません。
「人の目を意識してこそのガーデニング」をモットーにしているからこそ、外構屋さんが施工したガーデンデザインは魅力的なものになるのかもしれません。
  こちらはのガーデニングデザインは、ベランダにある甕池の周囲に和風をイメージした植物や小物類で彩っていることによって、骨太というは落ち着いた印象に仕上げております。
ガーデニングが何も庭だけではありません。
演出を施そうと思えば、どこでもガーデニングは実現出来る。
ベランダなどはスペースも狭く、手入れをする箇所も限られている為にガーデナー初心者の方にはオススメかもしれません。

エントランスから入れば、足を止めたくなるような”プライベートガーデン”
新築施工をお考えの皆様の中には、そんなイメージを浮かばせているかもしれませんね。
「あの樹木を門扉付近に植えてみようか。」
「私はガーデニングもいいけど、野菜を育てて家庭菜園にしてみたい。」
色々とイメージを膨らませる『至高の時間』でしょう。
是非、そんな幸せな時間を弊社鵬プランニングにもお電話またはメールでお聞かせください。
相談するだけでも構いませんよ。
皆様の描いた空間を手助けさせて頂きたいと思っております。

 

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ1日1クリックご協力お願いします。
にほんブログ村

関連記事

2013年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の記事 おすすめ記事
  1. オンライン相談
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP