新築外構施工例|ナチュラルな門まわりに調和する円形の階段|No.016:千葉県千葉市若葉区M様邸

※画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

千葉市若葉区 エクステリア016-01 多くのカラーと素材を使うことで、エクステリア全体がリズミカルな雰囲気に。 一見すると多くの色が使用されていますが、その全てがレッドベースのカラーであるため、色同士が喧嘩することがありません。
千葉市 外構016-02 階段が描く3重のサークルはもちろん、花壇も半円形に、玄関前のポーチも円形にまとめてあります。
千葉市 外構016-03
千葉市 外構016-04 階段横のスペースには、芝生を張ってレンガを埋め込みました。可愛らしい小道の完成です。

施工ポイント

ナチュラルな雰囲気と調和するように、階段部分にはレンガと自然石を使用しています。
階段上からの画像をご覧いただければお分かりの通り、半円状の階段は、小さな円の踊り場を挟んで何重もの円を描くこだわりのデザインで、アプローチのポイントとなっています。
穏やかで柔らかな雰囲気の門まわりには、色合いが異なるレンガを使用しています。同系色でまとめつつも、ちょっとした変化をつけることでメリハリのある門まわりに。 花壇に植えてある常緑ヤマボウシは、一年を通じて楽しめるうえに、秋には果実を食べることもできる、おすすめのシンボルツリーです。
外壁には、2トーンカラーの建物の外観と合わせて、2種類のブロックを使用し、敷地を囲うフェンスにはウッドフェンスを使用。実はこのフェンス、施主様が自主施工されたこだわりのウッドフェンスです。エクステリアと調和しつつ、濃いカラーリングが見事に全体を引き締めています。

施工関連情報

施工エリア : 千葉県千葉市若葉区
 
PAGE TOP