,

新築外構施工例|外壁に様々なデザインを凝らしたエクステリア|No.040:千葉県千葉市稲毛区N様邸

※画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

千葉市稲毛区 エクステリア040-01.png
クローズ外構よりも骨太な印象を持たせながら、繊細なこだわりとデザイン性を感じるエクステリアではないでしょうか。
千葉市 外構040-02
迫力のあるビオトープ。水槽の床には乱張りした自然石を使うなど、細部のこだわりが見て取れます。
千葉市 外構040-03
千葉市 外構040-04
門袖にもビオトープと同じ千陶彩を採用。 太陽の下で部分的に光る釉薬(うわぐすり)と厚み差で生まれる影のコントラストがまるでスイーツの「ミルフィーユ」のような繊細さを表現しております。
千葉市 外構040-05
千葉市 外構040-06
千葉市 外構040-07
白い塗装外壁と黒いブロックやタイルのコーディネイトが、更に趣のある和モダンへと昇華しております。 また玄関階段の段差の隙間には、照明が仕込まれておりまして昼間とはまた違う印象に変わるなど、彩り方と魅せ方には細部までこだわりが存分に感じられます。

施工ポイント

外壁ひとつにも様々な顔があり、型にとらわれない闊達さのあるセミクローズ外構。 注目は何と言ってもエントランスから見て左側の大きなビオトープ。 千陶彩の外装壁の上部から水中ポンプで水を流しており、涼しげでありながらも外壁としての目隠しや風通しも配慮された仕上がりとなっております。 対しましてエントランス右側は、オンリーワンのガラス製サインプレートを装飾し、そこから更に右側はアーチ状の外壁にガラスブロックの装飾を施したジョリパット仕上げ。 カースペースにはコンクリートを敷いており、玄関階段はMLタイルを敷いて施工致しました。 従来のセミクローズやクローズ外構と異なり、1つ1つに豊かな独自性を感じられるエクステリアデザインとしては集大成と言えるかも知れません。

施工関連情報

施工エリア : 千葉県千葉市稲毛区
 
PAGE TOP