新築外構施工例|落ち着いたモダン性のあるエクステリア|No.063:千葉県千葉市稲毛区S様邸

※画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

千葉市稲毛区 エクステリア 063-01
まだ樹の香りが漂う、立派なウッドガレージが存在感を出しております。駐車のしやすさ、開放感、採光性などバランスが整ったライフユーティリティの外構。
千葉市 外構063-02
S字の洗い出しに敷き詰められた高麗芝。個人的にも好奇心をそそられたデザインで好きです。
千葉市 外構063-03
雨の日など隣地に土砂が流れないよう土留め施工。
千葉市 外構063-04
コンクリートの洗い出し、その左側は完工後に施主様自ら砂利を敷いた模様。綺麗に出来ます。
千葉市 外構063-05
プレゼンパースの一部。

施工ポイント

新築外構を依頼された時から、ほぼ施主様の構想としてある外構のデザインが決まっており大変有難く感じておりました。 DIYのウッドガレージ基礎とアプローチとなるコンクリートの洗い出し。 この2点が現場の施工に置いて留意するポイントで御座いました。 ウッドガレージは弊社の施工ではないもので御座いますので、ウッドガレージを施工する際に何も問題を生じさせない為の基礎作りと、バイクを納車する際に楽にガレージから出し入れ出来るように、洗い出しとコンクリートの勾配をつくること。 また外に駐車されることになるカースペースからでも、簡単にお尻から駐車が出来る様に出来ること。 弊社でもアメリカンガレージを扱う企業でもありますので、一見何も変哲もないコンクリートの駐車場にしても慎重に外構計画を立てさせて頂きました。 またコンクリート洗い出しはコンクリート砂利を使わずに三分砂利を使用。 洗い出しは職人でも、高難度を求められます。 洗い方次第で仕上がりにムラが出来たり、流し過ぎると露出した砂利が取れやすくなったり、見た目的にも汚く見えてしまうものなのですが、ご覧のとおり刷毛引き仕上げの土間コンクリートの白色と洗い出しのグレー色がコントラストに仕上がりました。 アプローチ階段から先のS字の洗い出しアプローチも施主様の個性溢れたデザインを実現されているのではないでしょうか。 ブロックはシンプルなモダン性を演出する為に、存在感を主張せず且つ洗練されているレガロがウッドガレージにも洗い出しにも調和がとれております。 アプローチ階段のタイルは、落ち着いた色合いのアレスを使用。 タイルの施工業者の社長自ら施工して頂いただけに、綺麗な仕上がりとなっております。 また隣地に土砂が入り込まないよう土留めをし、S字アプローチの両サイドには芝が育ちやすいよう、既存の土を山砂に総取り替えを施し、高麗芝を敷きました。  

施工関連情報

施工エリア  :千葉県千葉市稲毛区  
使用した製品
化粧ブロック: 東洋エクステリア レガロ(モードブラウン)
タイル: INAX アレス(300角 色番10)
三分砂利: (洗い出しに使用)
高麗芝
 
PAGE TOP